補聴器Q"A

自分は必要と感じないのに「補聴器をつけたら?」とよく言われるのですが…

自分では1回目だと感じていても、実際は何回も呼びかけていたり、家の中では家族や周囲の方が大きな声で話しかけてくれたりと、特にご本人は不自由を感じていなくても、周囲の方々の努力によるところが大きい場合が多くあります。
しかし、一歩外に出ると、例えば病院の受付などで名前を呼ばれても、気が付かずとまどったり、あるいは後ろから来る車の警笛が聞こえないため、事故に遭う場合もあります。
また外部からの「聞く」情報が減ると、脳への刺激が少なくなるともいわれています。
周囲の方にすすめられたら、一度聞こえの測定にいらしていただくか、耳鼻科専門医にご相談ください。

補聴器販売店は何をしてくれるのでしょう?

補聴器販売店では、専門の技能・知識を持った有資格者(認定補聴器技能者など)が適切なアドバイスをしてくれます。
リオネットセンター町田は、公益財団法人テクノエイド協会に認められた「認定補聴器専門店」です。
ご購入後も、クリーニングや再調整、点検、修理など、万全なアフターケアを行っています。

補聴器は買ったらすぐに聞こえるようになりますか?

補聴器は、使う方の聞こえに合わせた調整を行わなければなりません。

調整は補聴器店の販売員が行います。調整がきちんと行われても、耳は感覚器官ですから補聴器の音にするには順応できませんので、少しずつ新しい音に慣れていきましょう。

フィッティング

聞こえの状態は時間とともに変化することもあります。

また、お店の中と実際に使う環境が違うこともありますので、再調整が必要な場合も少なくありません。よりよい聞こえが得られるように何回か調整を行っていきましょう。

補聴器の両耳装用は、やはり価格も2倍になるのでしょうか?

一般的には価格は2倍になりますが、両耳装用の良さをもっと気軽に試せるように、両耳価格を設けています。
片耳で購入するより、お安く設定しています。
詳しくはスタッフまでお問い合わせください。

補聴器はどうやって動いているのですか?

補聴器は電池で作動します。

ポケット型補聴器の電池は、アルカリやマンガン電池の単3形や単4形電池です。
耳かけ型補聴器や、耳あな型補聴器には空気電池という円形のボタン電池を使います。

イヤモールドってなんですか?

耳かけ型、ポケット型補聴器の付属の耳せんは既製品なので、耳の形に合わない場合があります。耳せんが耳の形とあっていないと耳から音が漏れてピーピー音(ハウリング)を起こします。
使われる方の耳の形に合わせて作ったオーダーメイドの耳せんをイヤモールドと言います。
イヤモールドは、ハウリングや耳から補聴器が外れやすい場合に効果的です。
「聞こえ」についてのご相談・お問い合わせはこちら
  • 電話でお問い合わせ 042-727-3311
  • メールでお問い合わせはこちら

商品紹介

補聴器 生活サポート商品

【リオネットセンター町田】
〒194-0022 東京都町田市森野1-22-5五十子(いらご)ビル2F
TEL:042-727-3311 営業時間:9:30~17:00 定休日:日曜・祝日

当サイトはスマートフォンに対応しています。
Copyright (C)リオネット補聴器のリオネットセンター町田. All Rights reserved.
スマ-トフォンサイトを表示する